痛い・咬めない・ズレる|入れ歯(義歯)

しっかり咬めて、痛くない入れ歯をおつくりします

上星川駅から通える保土ヶ谷区の歯医者「荒井歯科医院」では、一人ひとりの患者さんにぴったり合った入れ歯(義歯)の作製を行っております。ご要望に合わせ、自費診療・保険診療のどちらもご用意することが可能です。入れ歯治療後のメインテナンスを含めてしっかりとしたケアを行いながら、すべての患者さんに「咬む喜び」をご提供します。

入れ歯についてこんなお悩みはありませんか?

「入れ歯があたって歯ぐきが痛い……」「入れ歯がズレやすくなった……」「以前咬めていたものが咬みにくくなった……」「最近入れ歯を外しにくいと思っていたら、突然壊れた……」

こういったトラブルがある場合は、お使いになっている入れ歯が合わなくなった可能性があります。お口の状況は、日々変わるものです。長年同じものを使い続けて入れば、ズレが起こるのも仕方ありません。歯科医院で調整や修理をすれば、こうしたトラブルに悩むこともなくなります。快適な生活のために、当院で適切なメインテナンスを行いましょう。

自費と保険の入れ歯の違い

入れ歯には保険診療のものと自費診療のものがあります。それぞれに特徴が異なりますので、以下でその違いを確認してみましょう。

保険診療保険診療 自費診療自費診療
費用 比較的安価
(一部自己負担)
比較的高価
(全額自己負担)
耐久性 義歯床の部分がプラスチックでできているため、経年によって「割れ」や「すり減り」が起こる 素材・治療法に制限がないため、耐久性の高いものも選択できる
見た目 入れ歯であることが目立ちやすい 素材によってはほぼ目立たない

当院では、保険・自費にかかわらず、患者さんに合わせて最適な入れ歯の作製を行っています。ご両親やご家族が合わない入れ歯で悩んでいるという方も、お気軽にご相談ください。

当院の取り扱い入れ歯紹介

金属床

金属床

床の部分にチタンやコバルトクロムなどの金属を使った入れ歯です。保険診療のプラスチック製入れ歯に比べて薄く加工できるので、違和感なく装着できるのが特徴です。また、熱が伝わりやすいので食事を楽しめるのもメリットと言えます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

口に残っている天然歯に磁性金属、入れ歯に超小型磁石を取りつけ、それらを磁力で固定する入れ歯です。バネを使わないので見た目が自然なのがメリット。また、取り外しが容易なのでお手入れがしやすいのも優れた特徴です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用しない部分入れ歯です。見た目が自然で、入れ歯であることが分かりにくいのが大きなメリットです。また、金属不使用なので、金属アレルギーの心配もありません。

コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャー

お口の中に残った天然歯に内冠を、入れ歯に外冠を被せて「茶筒」の要領で摩擦の力を使って固定する入れ歯です。バネを使わないので見た目が不自然にならず、メインテナンスも容易。長期にわたって使用できるのが大きなメリットです。

スマイルデンチャー

スマイルデンチャー

ナイロン樹脂でつくられた、薄くて弾力がある入れ歯です。非常に優れた審美性を持つので、入れ歯であることがほとんど分かりません。加えて耐久性・快適性も高く、咬み心地の良さも人気です。金属アレルギーの心配もありません。

メッシュプレート

メッシュプレート

小さな穴が無数に開いた、特殊合金製の入れ歯です。大きな特徴は液体を通すところ。味や温度を感じやすいので、楽しく食事を摂ることができます。また、水分が通るので口腔乾燥症(ドライマウス)の方にも最適です。

入れ歯は毎日のお手入れが大切

入れ歯は毎日のお手入れが大切

せっかくつくった入れ歯も、毎日のケアを怠ると長く使えなくなってしまいます。お口の中は温かく水分があるので、カビが繁殖するには最適な場所。人工の歯に細かな傷がついているため、そこにカビが生えてしまうとブラッシングだけでは取り除けません。

さらに、部分入れ歯などに付着した細菌は歯周病の原因にもなります。残存歯は入れ歯の土台となっているため負担がかかっており、根本が歯周病になるとその歯を失ってしまうリスクがさらに高くなります。歯周病は口臭の原因にもなるので、注意が必要です。

こうしたトラブルを避けるには、毎日の入れ歯のお手入れが大切です。ブラッシングだけでは限界があるので、入れ歯洗浄剤を使って毎日の汚れをきれいに落としましょう。これが、自分に合った入れ歯を長く使い続けるためのポイントです。

当院へのアクセスと、院内紹介はこちら